車査定のいろは|中古車売るなら、買取り業者を比較しお得に売ろう

車買取額アップの方法

 

長い間乗ってきた自動車に対しての愛着が沸くのは至極当然のことですが、そう言った長年所有していた自動車を売却して新しい自動車を購入すると言うことも、人生においては必要な選択肢でもあります。

 

愛着があるからこそ、自動車を買取ってもらって新しい乗り手に譲り渡すことも持ち主の義務ではないのでしょうか。

 

そんな車買取ですが、実際に買取ってもらう際の値段と言うものは工夫次第で上げることが出来るのは、意外と知られていないことです。

 

そう言った車買取価格を上げる工夫としては、まずは自動車の見積もり査定を有効利用することが大切です。

 

一社だけの見積もり価格を参考にしていては、その自動車の正当な市場価格と言うものは計ることが出来ません。

 

複数の自動車買取業者の見積もりを比較することによって、初めて正確な市場価値と言うものが見えてくるのです。

 

またこういった複数業者への見積もり査定の依頼を一社づつ行っていくのは非常に非効率的なので、インターネット上の自動車見積もり一括サービスを有効活用することによって、少ない手間と短い時間で複数の業者に見積もり依頼を一括で行うことが出来ます。

 

こういった自動車の一括見積もりサービスは、ほとんどの場合無料なので、経済的な負担をまったく気にせずに利用できます。

 

車買取と中古車査定 http://車買取と中古車査定.com/

 

車査定で思ったより高い金額をつけてもらいました。

うちには大事にしている車があるのですが、海外に転勤になったため仕方なく売却することにしました。

 

車査定をしてもらいたくて家の近くで業者がないか調べてみたのですが見つからず、ネットで調べることにしました。

 

隣の市に一つ車買取業者があり、サイトで査定もできたのでやってみることにしました。

 

大体の相場がわかればと思ったからです。

 

 

 

査定の結果は50万円と、思っていたよりずいぶん高くてびっくりしました。

 

うちの車はもう買ってからだいぶたちますし、走行距離も5万キロを超えています。

 

とりあえずその業者に電話して見に来てもらうことにしました。

 

実際にうちに来てもらって本格的な査定をすることになったのですが、担当の方は車の傷や内装、ニオイなどをチェックしていました。

 

事故歴はなく状態のいい車ですし、ペットなどを乗せたりもしていません。

 

 

 

そのおかげかネットで査定した50万円より実際の査定額はアップしました。

 

うちの車は結構中古車市場でも人気がある車のようでした。

 

結局55万円で売却することが出来て大変助かりました。

 

この車は結婚した時から大切に乗っていた車だったので、高く査定してもらうことが出来てすごくうれしい気持ちでいっぱいです。

 

車査定とボディカラー

 

車査定においては、いくつかの要素が重なり合って、価格が決められていきます。

 

その要素のひとつに、ボディカラーがあります。

 

パーツはあとから付け替えたりすることも出来ますが、ボディカラーはあとから塗りなおすわけにも行かないので、新車で自動車を購入する再には、慎重に考えたいものです。

 

 

 

では、車査定においてプラスに働くボディカラーはあるのでしょうか。

 

一般的に、車査定において有利なボディカラーは、ホワイト系、ブラック系、そしてシルバー系があります。

 

ホワイトの中でもパールホワイトがあったり、ブラックの中でもガンメタリックがあったりしますが、あまり差はありません。

 

これらの3色のカラーは、あまり好き嫌いが分かれないカラーであります。

 

しかも、ほとんどの車において、これらのカラーリングはラインナップされています。

 

軽トラックや商用車などでは、ブラックというのがラインナップされていない場合もあります。

 

 

 

では、これら以外のカラーリングは不人気かというと、そんなことはありません。

 

これら以外のカラーリングであっても、車種などによっては人気のカラーリングもあります。

 

車査定に出す時は、カラーのキャンペーンを出しているお店もありますので、それらを参考にしましょう。

車査定の特殊なカラー

 

車査定においては、ボディカラーも重要な要素のひとつであります。

 

一般的には、ホワイト、シルバー、そしてブラックという3つのカラーが人気となっておりますが、それ以外のカラーも決して不人気というわけではありません。

 

確かに、それ以外のアラーとなりますと、結構癖のあるカラーリングですが、場合によっては前述の3色よりも車査定がよいという場合もあります。

 

 

 

まずは、車種による違いです。

 

特にこれは、スポーツカーにおいていえることです。

 

多くのスポーツカーでは、ボディカラーの中にレッド系を入れております。

 

これは、スポーツカーといえばレッド、というイメージがあるからでしょう。

 

スポーツカーの車査定においても、レッド系は前述の3色に負けず劣らずの査定金額となっております。

 

 

 

また、当該車種のイメージカラーというのもあります。

 

車のコマーシャルやカタログなどでは、前述の3色以外のカラーがメインにでていることがあります。

 

これは、メーカーがそのカラーを一押ししているということであり、そのカラーは車査定においても結構な価格となっております。

 

さらに、限定カラーというのが発売されることもあります。

 

こういった限定ものは、車査定にはかなりプラスに働くものです。

車買取と車下取りはどっちが得をとれるのか

 

車を手放すという決断をした私に、次に降りかかってきたのは車買取を利用するか、下取りを利用するかという問題でした。

 

どうせなら得なほうを行いたいと思うものの、どちらが得なのか判断がつかず、またどちらも実際に見積もりをもらいにいくというのも面倒でありました。

 

そんな事情もあってネットでその利便性について検索してみたのですが、車買取と下取りには、それぞれ状況によってメリットというものがあるようですね。

 

ですから一概にどこがいいとは言えず、自分のしたいことと照らし合わせて考えてみることが求められていました。

 

手放そうとしている車自体の価値がある場合は、買取のほうが得をする可能性が高いようです。

 

自分で一括査定サイトなどを利用し、一番高い値をつけてくれているところを選ぶと、高値買取がスムーズに進むそうですね。

 

逆に走行距離を重ねていたり、古い型の車で需要がなかなか無いと思われるときは、下取りに出したほうが新車を買うときに有利にはたらくことがあるのだとか。

 

下取りというのは対応する店で新車を購入することを前提に行われるものなので、その分割引などのサービスを受けやすくなるということですね。

 

下取りの場合、メーカーを限定されるのが気になるところですし、自分の車の価値というものを吟味しながら、私も少し考えてみたいと思います。